妥協なき睡眠への投資は、最高の投資である。

ローリスク・ハイリターン。

一日24時間のうち、毎日8時間の睡眠を確保したとすれば、一日の1/3は眠っていることになる。

一年間のうち1/3は眠っており、人生の1/3は寝ていることになる。

つまり、人生のかなりの部分を寝て過ごすことになる。

この寝ている時間の快適さは、そのまま人生の快適さにも繋がり、睡眠の質が起きている活動の質の高さにも直結する。

明るい部屋では、眠気を引き起こすメラトニンの分泌が抑えられ熟睡しにくく、騒音が大きい環境でも熟睡はしにくい。

身体にフィットしない寝具では深い眠りにも落ちにくい。

人生の質は睡眠の質で決まる、と言ってもいいだろう。

これらの寝具や寝る環境に投資することは、そのコストに比べてのリターンが非常に大きい。

都心では、夜でも騒音が大きく外も明るい。

そこで遮音遮光カーテンを購入したが、日中でもほとんど光は入らず、また騒音も減衰し、睡眠の快適さが劇的に向上した。

それにより、

益々活動時間も活きてくる。

睡眠への投資ほど、安いものはないのだ。

YOERU

Translate »