世の中には、

生きながら死んでいる人間もいれば、

死んでも尚人々の心に生き続ける人物もいる。

「目は口ほどに物を言う」というが、その兆候は瞳の奥にも静かに現れる。

セネカはいう、

「人間の生は立派に活用すれば充分に長く、また浪費されれば生は短い。

つまりは、生自体が短いのではなく、われわれ自身が生を短くするのだ」

生を長くするも、短くするも自分次第なのだ。

自分の時間というのは無形であり、あたかも無限に続くかのような錯覚が、時間を無価値なものとして扱うことを許す。

最たる例は「暇つぶし」。

「暇つぶし」とは「時間つぶし」であり、

「時間つぶし」とは人生を潰すことである。

真に生きる人間は、人生を潰すことなどはしない。

また、

真に生きる上で大事なことを先延ばしにもしないのだ。

多くの人が目の前のことに忙殺され、真にやりたいことを後回しにし、取るに足りないことを優先させる。

だが、人は誰しもいつかは死ぬのだ。

そして、それがいつ来るかは誰にもわからない。

今を犠牲にした土台の上に、未来を築いても、人生の終着点では音を立てて崩れる。

幸せを求めることはみな同じであるが、その形は千差万別であり、多数であることが必ずしも幸福の道であることなどはあり得ない。

セネカはこうも言う。

「人と同じであることを旨として生きることほど、大きな害悪の渦にわれわれを巻き込むものはないのである。」

群れた羊になるな、孤高のライオンになれ。

今から約2000年前の古代ローマ時代に哲人セネカによって著された第1級の古典。

YOERU.

Translate »