古代ローマ皇帝マルクス・アウレーリウス(131-180)本人が記した思索の数々。

今から約1900年も前に生まれた人物である。

内容は全く古くない。

生きる上での心のあるべき姿勢が記されている。

全文を通して徹底されているのは、自分自身を省みて律するその強靭な精神だ。

文体から溢れるその筋肉質な精神。

「文は人なり」というが、その強靭な精神力が文体から溢れている。

肉体のみならず、精神も鍛えて抜いてきたことがよく分かる。

「健全な精神は健全な肉体に宿る」というが、戦場で鍛え上げた肉体と、幼少時からエリート教育を受け、特に哲学を好んだというマルクス思想とそれを表す文体。

無駄な脂肪がない様が痛快。

未来でもなく過去でもなく現在に集中すること。

他人の魂の動向ではなく自分の魂の動向に着目すること。

この自省録は、凄いことに冒頭が感謝にて始める。自身の関わった人間達に対して感謝の辞を述べる。

ローマ皇帝の身でありながらも傲慢にならず、

自分がどれ程のことをまわりの人間から学んでいるか。それを忘れずにいる。

1900年も経つ今も読み継がれる、

素晴らしい名著であり、

素晴らしき偉人。

YOERU.

Translate »