読書百遍、意自ずから通ず

文面の通じないところのある書物も、何度も繰り返し熟読することで自然と明らかになる。 これには二つの意味がある。 繰り返し読み熟読するということと、丹念に読み込んで精読するという意味だ。 YOERU

老年と青年

青年期には青年期ならではの与えられたものがある。 老年期には老年期ならではの与えられものがある。 若さは魅力で老いは魅力なのだ。 PS 積み上げ重ねてきたものが開花していく様が老年であり、いつの時期でもその時期に適した自…

あるものを使う

今あるものを活用することだ。 でなければどれだけ多くを得たとしてもそれを活用することはできないだろう。 今あるものを見ずにないものを求めて手にしたとしても、またないものを求め続けるからだ。 YOERU